東北大学病院、仙台市立病院、東北労災病院、仙台医療センターをはじめとして、開業医の先生がた(眼科、内科、小児科など)とも連携しながら、 緑内障、白内障、網膜・硝子体疾患など眼科領域のすべてに対応しています。

当院では、眼科領域のすべてに対応するために必要に応じてまた患者さんの事情やご希望に沿って適切な医療機関に紹介しています。 また、紹介先での治療後落ち着きましたら、引き続き当院でフォローしています。

緑内障 糖尿病網膜症を抜いて、近年は我が国の中途失明の原因の1位となっています。
網膜神経節細胞がゆっくりと傷んでいく病気で、健診などの機会に視神経乳頭のくぼみが大きくなっていることで発見されることが多いです。
以前は眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、 我が国では眼圧が正常範囲内の緑内障(正常眼圧緑内障)の患者が多いことが確認されています。
視野(本来見える範囲)に異常を生じるのですが、非常にゆっくり進行するため気付かないうちに進行してしまい、 かなり進行するまで気づかないことが多いのが厄介な点です(一度失った視野を回復させることはできませんが、 進行にブレーキをかけることはできます)。
このため、一生見え方で困らないためには、自覚症状がないうちに早期発見し、適切な治療を早期から行うことが重要です。
治療方法として、現時点で有効性が確認されているのは、唯一眼圧をより低めにコントロールすることだけですので、 視野異常ができるだけ進まないように眼圧や視野異常の経過を見ながら、目薬(点眼薬)を選択(変更・追加)しています。
OAG関連リーフレット
※リーフレットの確認・ダウンロードできます。

白内障 眼球内のレンズである水晶体が濁った状態です。
若年者の場合はアトピー性皮膚炎や糖尿病によるものがほとんどですが、高齢者の白内障は、病気ではなく白髪同様老化現象です。
多くは中年以降に発症し、徐々に比率が増えて、80歳以上ではほとんどが程度の差はあれ白内障になっています(手術後を除く)。
白内障以外に異常がなければ、手術すれば視力は改善しますので、見えにくさを自覚している場合は手術を検討します。
白内障の手術は、我が国では年間約100万件行われている、眼科では最も一般的で安全性の高い手術です。
網膜・硝子疾患 例えば、糖尿病による眼底出血、重症になると網膜剥離を起こすこともあります。
このような糖尿病網膜症は我が国の中途失明原因の第2位です。しかし、内科のコントロールに加えて、 眼科的な定期検査や治療を含む管理をしっかりと行っていれば怖いことはありません。
当院では、眼科的な定期検査や治療をお手伝いしています。
糖尿病網膜症以外にも飛蚊症の一部から網膜裂孔(放置すれば網膜剥離となり、入院・手術が必要になってしまう状態)が見つかることがあります。
網膜裂孔の状態であれば、外来の網膜光凝固(レーザー光線による治療)で治療することができます。
網膜光凝固(レーザー光線による治療)は当院でも行っています。
小児眼科 子供の眼は、大人の眼のミニチュア版ではありません。弱視には、小児期に発見し適切に治療すれば正常に育つものも数多くあります。
一方で、治療の時期を逃してしまうと一生見えにくい状態で過ごさなければならないことになります。
当院では、信頼のおける視能訓練士が検査を行い、小児眼科の診断治療にも力を入れています。
視力の成長応援手帳
眼鏡処方 遠近両用を含む一般的な眼鏡処方に加えて、専門的な知識や技術が必要な視覚障害をお持ち(ロービジョン)の方に対する遮光眼鏡の処方も行っています。
弱視治療用の眼鏡やロービジョン用の眼鏡には助成制度もあります。
コンタクトレンズ処方 使い捨てコンタクトレンズは当然ですが、進行した円錐角膜や角膜移植後といった経験が必要な特殊なコンタクトレンズの処方も行っています。

〇他の眼科施設では比較的めずらしい下記の診療も行っていますので、敢えて「眼科領域のすべてに対応する」と表示しています。