さど眼科 プロフィール

当院について  現在は、開業医として眼科臨床全般に対応しています。
特に視機能(眼光学コンタクトレンズロービジョンケアスポーツ眼科)は専門で、 休診日には過疎地域に出張し眼科診療を行っています。
スギ花粉症に対する減感作療法にも積極的に取り組みながら、 ショック対策・救急救命などの全身管理とその啓発活動も行っています。
コンタクトレンズ、ロービジョン、スポーツ眼科、救急救命、ショック対策などの講演多数。

佐渡一成 昭和36年2月11日生 岩手県出身


略歴

昭和54年 3月 岩手県立釜石南高校卒業
昭和61年 3月 順天堂大学医学部卒業
平成8年 国立小児病院附属視能訓練学院非常勤講師「眼光学」(3年間)
平成11年 6月 学位<医学博士>取得
平成11年 順天堂大学眼科講師
・第42回日本コンタクトレンズ学会総会事務局長
・第36回日本眼感染症学会総会事務局長
平成12年 1月 さど眼科(仙台市)院長
順天堂大学眼科非常勤講師
平成13年12月 沢内病院で眼科診療(月1回) 開始。継続中
平成17年 ~ 視覚障害リハビリテーション協会理事
平成26年 ~ 日本コンタクトレンズ学会理事

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本小児眼科学会
  • 日本コンタクトレンズ学会(平成24年から監事)
  • 日本眼炎症学会
  • 日本眼感染症学会
  • 日本ロービジョン学会
  • 日本臨床スポーツ医学会