さど眼科 プロフィール

オートレフ・ケラトメータ

当院について  効率よく視力検査を進めるために、あらかじめ「近視あるいは遠視、乱視の度数を測定」します。中に気球が見えますよ。

ノンコンタクト・トノメータ

当院について  眼には直接触れずに「眼圧」を測定します。眼圧測定は、特に緑内障治療の経過観察に重要です。空気が当たりますのでびっくりするかもしれません。

OCT(optical coherence tomography)

当院について  光の干渉現象を利用して網膜や視神経(眼底)の断面図を表示する器械です。緑内障や網膜・硝子体疾患の診断や経過観察に大活躍です。

静的量的視野検査

当院について  主に緑内障の診断と初期から中期の経過観察に必須の検査です。
通常、片眼は数分で終了します。


ゴールドマン視野計

当院について  緑内障や視神経疾患、脳梗塞、心因性視力障害などの検査に用います。
視能訓練士(国家資格:眼科検査のスペシャリスト)が検査を行います。

角膜形状解析装置

当院について  角膜(黒目)のカーブを詳細に表示することのできる器械です。 特に、円錐角膜など強い乱視の評価や乱視が強い目にハードコンタクトを合わせる場合に活躍します。

YAGレーザー

当院について  眼内レンズを入れるために残した膜(水晶体の後嚢)が、濁ってきた状態:後発白内障の手術に用います。痛くなく、短時間で終了し、翌日には視力が改善します。

手術室

当院について  局所麻酔で行える翼状片(黒目に膜がかかった状態)や霰粒腫(ものもらいの友達)の手術を行っています(予約制)。