ショック対策2012 心得とフローチャート

弱視の治療には早期発見・早期治療が大切です。
治療は、お子さんと一緒に長期間にわたる継続が必要です。
しかし、中には残念ながら、発見が遅れて視力が十分に成長しない、 あるいは、治療の中断によって治るはずのものが治らないという悲劇が起こっています。
このような悲劇をなくすために三歳児健診の啓発・屈折異常弱視や不同視性弱視の管理を目的にこの手帳を作成しました。
この手帳で理解を深めながら根気強く治療をしていきましょう。
パワーポイントファイルとPDFファイルを作成しましたので、皆様のご使用環境に合わせて下記ファイルをダウンロードし、 B5に印刷の上、2つ折りにして使用してください。
尚、Ver.5-1は視力推移のグラフとアイパッチの時間を記入できるカレンダーが入っているもの、5-2は視力推移のグラフとアイパッチの時間を記入できるカレンダーを省いたものです。

尚、この手帳は今後もご助言を頂きながらアップデートしていきます。
お気づきの点がありましたら、ご助言を下記宛にお願いします。

さど眼科 佐渡一成